久しぶり(約3カ月ぶり)今年2回目の富士ショートです。

FSAのメンバーは見当たらず、絶好の天候だったにもかかわらず、8時30分に現地に着いた時にはピットも空きがあるほど空いていました。
さすがに暑すぎるか。

本日、2本走るも、暑すぎでまともに3周集中して走れません。久しぶりってのも手伝って、全く楽しい感じがしませんでした。
それでもタイムは前回同様、乗れてない感の割にはそこそこの数字で、タイヤの恩恵にあずかっているってことがまざまざと実感出来たってとこです。

他に特筆すべき点もないので珍事を。

10時00分~の4輪の走行枠、なんと「0台」でした。
さすがに土日の4輪枠が0台って・・・
1枠目は10台ほどが走行してましたが、2枠目はクーリングが間に合わなかったのか、ドライバーがばててしまったのか、理由はともかくとっても不思議な光景でした。

それと、車検がこの7月末に切れるんですが、何も対策してません。つまり、いよいよレーサー化ってことです。
本音のところは、引っ越したのでナンバー変更が必要だけど面倒だなって思っているうちに、期日が来てしまい、車検期間内に手続きできなくなったてことだけですけど。
トランポも持ってないのにサーキットオンリーにするのもどうかと思いましたが、サーキットへの自走や整備に出すとき以外乗ることないし、サーキットへの自走は何かあったときに厄介ですので、まあ、いいか。

ってことで、9月のDUCATIカップ、また、準備不足でパスって感じです。
ああ、いつになったら出場できるんだろう。