DUCATI 749R

DUCATI749Rに関するブログです。

2009年10月

Nap's走行会(筑波)091025

筑波3回目
Nap'sの走行会です。

83338211.jpg


前日の予報では天気が絶望的でしたが、気温は低いものの雨には降られず、ニュータイヤを入れた749Rをトランポ借りて夜中に積み込み、翌朝4時の出発、現地に6時着。タイヤウォーマー持参で気合だけは入ってるつもりでしたが・・・・

15分×4本のうちの1本目は1周目にオイルを垂らして走行した車両があり、そのままコース整備でタイムアウト。
せっかくディアブロスーパーコルサSC2を入れたっていうのに、皮むきすらできませんでした。

2本目、皮むきしつつ、徐々にペースアップ。グリップはしている感覚が強いけど、アンダーが出ている感じでタイム伸びず。
そういえば、サスセッティングを標準に戻すの忘れてた。

3本目、さすがに自己ベストは更新しようとサスセッティングを標準値に戻してアタックするも、やっぱり13秒フラットどまり。
あれれ?ディアブロスーパーコルサで自己ベスト更新できなかったら、それこそ言い訳ができません。

4本目、やっと乗れてきた感覚がでたのですが、ぺースが遅い車両につかまってしまい、パスするのに躊躇して3?4周つきあっていたら走行時間が終わっちゃっいました。

結果は、目標にしていた10秒切りはおろか、自己ベストの2秒弱おちって・・・
ディアブロスーパーコルサに申し訳ない気持ちでいっぱい?です。

ちなみに同じピットになったMV AGUSTAのF312の方、5秒フラットぐらいで走行、1番時計叩き出してました。


以下反省です。
虎の巻のライン取りに気を取られ過ぎて、逆に上手くいかなかったようです。
(虎の巻にもありましたが、10秒ぐらいで走行する人はこの走行ラインをまねるのはまだ早すぎますよといった意味が今更ながら理解できました。)

最後に、ショートでお会いするAさん、YGさんお疲れ様でした。


コソ練2連チャン

10月3日はショートで午後に3枠、10月4日はレーシングで午前に2枠設定されていましたので、行ってきました2連チャン。

10月3日(土)は午前中地元の天候が安定せず、しかし午後は回復模様との天気予報を信じ、午後の14時30分枠と15時30分枠狙いで出発です。
でも途中降られました。まあ、ツナギが湿った程度ですけど。

現地には13時30分に到着。ちょうど午後の2輪の1枠目がスタートしたところでした。7?8台の走行で、先週とは打って変わって空いてます。
久しぶりにYさんにお会いし、これまたY(よく見かける方です)さんのご好意に甘えて、ピットを間借りしました。

準備中に雨が降り、いやな予感がして、2枠目のチケットはぎりぎりまで買わなかったのが正解。小雨となりウェットになってしまいました。

なんとか3枠目は走行できましたが、時折シールドに雨粒が付き、完全ドライではないような不安感から、いまいち乗りきれません。

唯一の成果は、P-LAPが確実に拾うようになったこと。
Hさんのアドバイスで、ちょっと下に位置させたら、全周拾うようになりました。
クランク状の金具、ホームセンターUnidyで210円でした。
87750605.jpg


さて、2日目。
前日満足いく走行ができたら行かないつもりでしたが、行かずにいられませんでした。

現地では、FISCOでは久しぶりのGunsukeさんとお会いしました。
732fcc52.jpg


あと、1098SのMさん(Gunsukeさん同様ライセンス同期です)にもお会いし、昼食に手打ちそばにお誘いいただきましたが、夕方用事ができて先に失礼しました。


今日のレーシングは、ほどよい気候も手伝って台数多め。
セッティングは標準。
がんばる目標は8秒でしたが・・・

1枠目
Gusukeさん、皮むきが終わっていないタイヤなのにガンガンいきます。
1周目から置いていかれました・・・・。

もう、書き飽きましたが左バンクがやっぱり駄目で、左コーナーと右コーナーのフォームに自分でもわかるほどの違いがありそうです。

結果10秒しか出ませんでした。
対するGunsukeさんは7秒台!速くなってます。筑波トレーニングの効果発揮ですね。(詳しくはご本人のBlogに譲ります。※この記事書いているときはまだアップされてませんでしたが、じきにアップすると思います。)

結局不完全燃焼故に2枠目も走行するも、タイムは伸びず。
でも、だんだんと走り方思い出してきました。

タイムは伸びずとも走り方には納得感も出始めたその矢先、ホームストレートエンドでちょっとブレーキングを遅らせたらリアタイヤロック。
通常、スリッパー効かせた時もホッピングしたりして、リアロックなんて慣れっこではあったのですが、リアがスライド(なぜに?)。あわやハイサイドの大惨事になるところでしたが、ブレーキングでの二―グリップ強化に取り組んでいる最中だったことが幸いしてか、車体は垂直に戻り、体が上方向に投げ出されることもなく、冷静さを保ってストレートエンドのランオフエリアへエスケープ。(黄旗出してすみません)

あとは、無理せず時間まで走りきって終了。


このままではタイヤ替えてもベスト更新出来そうもありません。
どーすっかなー。
今のタイヤのままあと1回、12日のショートに出撃すっかなー。

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ