DUCATI 749R

DUCATI749Rに関するブログです。

2008年12月

2008今年最後のFISCO

ライセンスの更新が近づいていたので、本日、今年最後のFISCOへ行ってきました。晴天に恵まれたものの気温は冬相応でしたので、749Rが修理から上がってきてはいましたが、749Rはお留守番。
ショートコース、冬になってめっきりDUCATIが減ってます。本日は0台(DB5Cが1台走ってましたけど)。

いつものDUCATI販促部隊の面々は居ませんでしたが、ZX-6を最近買ったHさんやR-1のAさん、TZRのYさんら6?7人の方々と話しながらゆっくりとした時間を過ごしました。

2b265c57.jpg

途中、ショートコースの駐車スペースから少し離れたところで富士山の撮影をしていたら、目の前で転回するクルマが。そのうえ車内から声をかけられたので一瞬驚きましたが、茶太郎さんご夫妻でした。
聞けば茶太郎さんもライセンス更新だったそう。
私も更新を無事完了し、FISCOをあとにしました。


で、以下、ツナギを買って以降の近況報告です。

フロントスタンドGET
アンダー(オイル)トレイGET
中古タイヤウォーマー落札(28日現在未着)

と、D-CUP参戦計画は着々と進行中です。

でもまだ、

発電機(三菱のポータブルタイプMGC-1001 A02、インバーター系950W対応が67,800円でよさげかな?)
ガソリン携行缶
MFJライセンス

が必要で、

STMスリッパ―クラッチ Evolution Racing
(749Rの純正スリッパ―は、レースのスタートダッシュで出遅れます。)

は、激しく欲しい品であります。

そんなこんなで来年は1月17日(土)に、レンタルトランポ作戦決行?


では、サーキットでお会いした皆々様をはじめ、読者の皆さん(お会いしてない読者がいらっしゃるのかわかりませんが)、今年は大変お世話になりました。ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いします。
良いお年を!

お騒がせしましたが

サーキット引退について、いろいろ考えたのですが、
「引退できるわけがない」って結論になってしまいました、お恥ずかしながら。

理由その1

修理代が思ったとおり大した額ではなかったこと(とは言っても、かなり痛い出費ですが)。
ハンドルバーがけずれていたので左は交換となりましたが、クラッチレバー、シフトペダルと交換工賃込みでも5万円台で収まりそうです。

理由その2

なんという偶然(いや、もはや必然としか考えられませんが)、ダイネーゼがセールを実施していたのです。
かねてからMFJ公認のサイズが自分に合致したツナギが欲しかったのですが、DUCAカップ参戦時に購入と考えていました。
それが、先の転倒で持っていたツナギの袖の縫い目は破れ、引退も致し方ないと思っていたタイミングにセール、しかも45%オフ。
今思えば、入荷しなかったバンクセンサーも神様の思し召しか?
結果、バンクセンサーの代金も浮いたとさ。

ちなみにモデルはラグナセカの赤で46サイズがほしかったのですが、2009年も継続販売なので、セール対象外(白、黒も同様)。
ラグナセカの黄色は46があったので、迷いましたが、さすがにやめました。
で、46と48を色んなカラーとモデルで探し、3つ候補があったなか、2008年のsteelの白黒、サイズは46に決定。(赤色が入ったモデルも検討したのですが、グラフィックがいまひとつ気に入らない、もしくはサイズが48でちょっとでかかったということで願いかなわず)

b54c4a93.jpg


割引後価格は119,900円でしたので、即決納得プライスでしたが、未だに果たして買ってよかったかどうか不安にはなります。

でも、買ってしまったものは仕方ないので、サーキット再デビューも近いかな。今後は、今回の反省を活かし精進いたします。
コメントくださった皆様、ありがとうございました。
年内復帰はビミョーですが、今後ともよろしくお願いします。
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ