DUCATI 749R

DUCATI749Rに関するブログです。

2008年09月

FISCOレーシングコース20080927

バイク好きの皆さんがMotoGPにお出かけ中に、FISCOレーシングコース走行をしてきました。

みんなMotoGPに行っているから、きっと少なめな台数だろうと思っていたのですが、約60台。盛況です。(F1開催で10月はレーシングコースの走行枠がないからってことでしょうか)

2efa6e94.jpg


再び自走に戻ってのサーキット通い。天候は涼しく、ツナギでの往復も苦になりませんでした。

久しぶりのレーシングコース。しかしながら筑波走行から一週間も経っていないという意味では、決して悪い条件ではありません。2分切りに向けて、精進です。

9時一枠目は、遅いの速いの混ぜこぜの団子状態。
ホームストレートエンドの混雑で、オカマ掘りそうになり、ストレートもかなり手前から減速を余儀なくされること幾度となく。

結局、クリアラップが一度も取れませんでした。(言い訳その1)
また、バンクセンサーが寿命を迎えている中、注文していたのですが入荷せず、そのまま出走。ひざカップが削れていったので、右コーナーは躊躇(特に100R)。(言い訳その2)
dfea25c9.jpg


で、結果2分切はおろか、ベスト更新もならず。

それと問題が。
ホームストレートや、シケイン手前の減速時、リアタイヤがピッチング方向に波打つような振動が。(リアブレーキロックや、スリッパーの振動とは異なったものです。)

もしかしたら、制動Gに負けてサスペンションが底付しているか、フロントに荷重がかかりすぎて、リアが浮いてしまっているのかも。
どなたか分かる方、解決策を教えてください。


と、いう訳で、いつものTさんにお会いするも、私は2枠目をパスし、ついでにショートもパス。11時前には、FISCOを後にしました。


帰宅してからは、ロービーム切れとリア微灯切れ(車検時に交換したばかりですが、またです)のバルブ交換をしました。

1418c0da.jpg


決して難しい作業ではありませんが、オーナーズマニュアル片手に1時間ぐらいかかっちゃいました。
ロービームのバルブ交換は、結構外すべきものがいっぱいあって、面倒でした。








祝初筑波&(自前)トランポ

9月23日、ナップス主催の筑波走行会GSMに参加してきました。

20分×4本とのことで、極力、走行以外で体力を使わないよう、ここは初(自力にての)トランポ作戦決行です。

ラダーは通販で2本購入済み。トランポレンタカーは、日産バネットバン。
前日22時に借りて、積み込みをしました。
一人で積み込みって、思っていたより難儀しました。純正スリッパーがおバカ&ヤレているので、ラダーを登りません。20分ぐらい格闘して、やっと積み込めました。novさんのマツダ車と同型なのですが、リアゲート付近のフックが無く、タイダウンの締め付けも難儀しました。

26680227.jpg


当日は、4時出発。守谷SAで6時ゲートオープンに合わせるため時間調整し、筑波へ。途中、最後のセブンイレブンを確認し、そのまま直進・・・・
そうです。そのまま直進すれば筑波だと勘違いしていたため、延々とそのまま走行。しかも当日朝は濃霧だったため、よりいっそう間違いに気がつくのが遅れました。

で、間違いに気づいたときは6時20分を回っており、やっとの思いで現地に着いたのが6時45分。40分ぐらい時間ロス。
ブリーフィングが7時10分からで、それまでに受付、車検を済ませなければいけません。つまり、タイトスケジュール。

単独でのトランポからの車両の降ろしは、初めてです。
時間が迫っていたこともあり、躊躇できません。エイヤッで、無事完了。
でもあろうことか、トランポ積載なのに749Rにミラーつけぱなしでした。急いではずして受付&車検です。走って、あせって、何とか滑り込みセーフ。
ぐったりです。トランポの意味なし。応援(降ろしの手伝い)に来てくださった方がいらっしゃったのですが、バタバタのなか、ご挨拶もそこそこにその好意をムダにしてしまいました。すみませんでした。

578d1d04.jpg


本日PITは26
ゼッケンNoは、13でした。
ピットはDUCATIで固められていました。
交流できるようにとのナップス側の配慮なのでしょうか。

走行1本目
8時スタートの予定が、霧のため15分遅れでスタート。
遅刻した私にはラッキーでした。落ち着いてツナギに着替えられました。
なんだか分からないうちに終了。
でもタイムは1分14秒台でてました。

走行2本目
1本目の感覚から、12秒台狙いです。
で、1分12秒501
いい感じ。

走行3本目
2本目が赤旗中断で半分ぐらいの時間だったので、ここは欲が出て10秒台に入れてやろうとチャレンジするも、ベスト更新できず。タイムのばらつきは少なくなったのですが、なかなかノーミスで回れません。

走行4本目
せめてDUCAカップのエントリークラスは卒業してやろうと気合を入れ出走。
ラッキーなことに先頭でコースイン。しかも前にはsuzukiのライダー青木選手が駆る隼が。
1周目からイケイケです。ラップも1周目から12秒台。
で、見事(自分で言っちゃった)1分11秒345というベストラップ。
本当は、10秒台狙っていたのですが、コンマ5秒届かず。

コースの感想ですが、私にとっては1コーナーと2つのヘアピンが難しく(特に1ヘアはS字でがんばりすぎて失敗ってケースが多かった)、ダンロップ、CXと最終コーナーは楽しく走れた感じ。どうも私は高速コーナーが得意なようです。裏ストレートはメーター読みで210kmぐらい。最終の立ち上がりでもっといけるはず。総じてフジショートより爽快感を感じて走行できますね。

efb55d5d.jpg


走行枠の合間、じゃんけん大会に参加するも、商品ゲットできず。残念です。

観戦されたご夫妻は、私の走行枠が終わって、車両の積み込みをお手伝いしてくださった後、筑波を後にされました。この場をお借りして、御礼申し上げます。(コメント不要です。)
知人がいるとやっぱり、心強いし、楽しいです。一人で走行会参加ってやっぱり緊張しますしね。ああでもない、こうでもないと話ができたり、タイムが詰まってきたりすると一人でいるよりいっそう盛り上がるってもんです。

と、知人の助けもあって(実質的な)トラブルもなく楽しい一日を過ごすことができました。
次回いつ筑波を走行できるか分かりませんが、また走りたいです。

ちなみに、初めてトランスポンダーをつけての走行だったのですが、配布されたプリント(個人結果)には、結構詳細なデータがでてました。区間タイムやら、Maxスピードやらアベレージ速度やら・・・・
過去の自分や同じ車両の人と比べてみると、見えてくるものがあるのかもしれませんね。

バイク三昧

いやいや、怒涛の4日間が終了しました。

1日目 : 9月12日(金)

念願の「平日にFUJIショート」実現でリハビリの為、2本走行。
37秒フラットまでラップタイムが戻る。


2日目 : 9月13日(土)

FUJIショートにいつものメンバーが集まるはずなので、行ってみる。
しかし、現地の天気予報は雨。自走組みには難しい判断。
で、レン耐(レンタルバイク耐久レース)のチームmtgが開かれるであろうために、
バイクでなくクルマでFUJIショートへ。
結果、2枠目の初っ端から降雨。判断としては正しかったみたい。


3日目 : 9月14日(日)

66e80b92.jpg

昨日のリベンジにFUJIショートへと思ったら、出発時刻に降雨。
しかしながら「小山町は晴れ」の天気予報を頼りにそのまま現地へ。
途中ぽつぽつ程度の雨に降られるも、現地のコース上はほとんどドライ。
この日は走行枠が9時、9時半、10時と連続3枠+11時の計4枠。
1枠目を走行するか止めるか直前まで悩んで、結果パス。
(この日一緒の(いつもの)茶太郎さんとnovさんは1枠目から出走。)
2枠目は私を含め3台。平日並の台数の少なさに得した気分。
4枠目、3人で仲良く締めの走行。
途中novさんに絡んでいただき、なんとかリハビリ完了?。


4日目 : 9月15日(月)

4460567a.jpg


レン耐当日、筑波コース1000目指してmasa★さんのクルマにGunsukeさんと同乗して出発です。
(レン耐とは、主催者側が用意したNS50RやXR100などのノーマル車両を規定ガソリン量にてイコールコンディションで3時間の耐久レースをチームで戦うお祭りです。)

チーム「FUJIショート」のメンバーは、
茶太郎さん、masa★さん、Tさん、Iさん、Aさん、ジャガーさん、Yさん、
bonobonoさん、私、novさん、Gunsukeさんの計11人です!(ほぼ出走順のはず?)

出走順はあみだくじ、一人持ち時間15分程度、16周周回したら交代という、
スーパーでスペシャルな作戦のもとスタート。

bf0a3564.jpg


みなさん、周を重ねるごとに走りに磨きがかかってきます。
初めての車両、初めてのコースといえど、FUJIショートで鍛えた成果か、
皆一様に降車後は笑みがこぼれ、異口同音に「楽しかった」と。

そんなこんなで、いよいよ私の出走番が!
ピットアウト後、最初の3?4周は何をどうしてよいやらわからないまま探り探りペースを上げましたが、1コーナーのノーブレーキ全開コーナリング最終の立ち上がり、いかにスピードをのせるかがわかってくると、俄然おもしろくなってきた!
そして低速セクションの走り方がしっくりきはじめたところで規定周回終了を知らせる(手作り)サインボードの掲示が・・・無念。

最後は、Gunsukeさんが無事チェッカーフラッグを受けて終了。
(終盤、かなりサマになっていましたよ、Gunsukeさん)
全員無転倒、ガス欠にも見舞われずよかったよかった。

とまあ、11人で力をあわせて完走した達成感や、そもそも普段乗っているSBKと異なった感覚のおもしろさに皆すっかりやられ、
次回の参加は2チームでという満場一致の結論に達したのは言うまでもなし。

ああ、相当におもしろいぞ、レン耐。
この場を借りて、レン耐主催者と、幹事をされたbonobonoさんをはじめ、
FUJIショートの愉快な仲間達に御礼申し上げます。

2ヶ月ブランクの結果

9月4日(木)
前回走行から2ヶ月が過ぎ、さすがにそろそろ走行しないという思いに駆られて、平日半休をとり、FISCOへ。

朝起きたら、天候が悪く、あきらめようかと思案していたのですが、折角だからと決行。
9時30分の1枠狙いだったのですが、でも現地に着いたのが、9時20分過ぎ。
半休だから9時30分の1枠だけしか走行できないのに、ぎりぎりって・・・・失敗した。

急いで準備するもやっぱり少し遅れで出走です。


本日の走行は自分を含めて3台。
(ちなみに天候はうす曇で問題なしでした。)

走行して驚きました。
何がって、3コーナー。つぎはぎだらけの補修跡。
そして、自分のふがいなさ。
2ヶ月のブランクがこんなにひどい結果を招くとは。

久しぶりに、ショート走って怖いと感じました。
ペースが上げられない。結果本日のベストラップ36秒はおろか、
37秒にも入れられませんでした。

もう一度出直しですね。

筑波の走行会、不安になってきた。エキスパートで申しこんでしまったんですよね。
9月13、14の走行枠と、9月21日の富士ショートの走行枠は特訓です。

余談ですが、帰り、やっぱりどしゃ降りに遭遇。つなぎがびちょびちょになりました。
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ