今日は、番外編です。

5月3日は、お台場のダイネーゼショップにて、MOTO CORSE主催のbimotaの試乗会をやっていたので、行ってきたそのレポートを。
DUCATI乗りにとって、bimotaDB5CDB6は気になる存在ですよね。)

試乗コースは台場から、レインボーブリッジ渡って、引き返してくる
7?8kmぐらいのルートです。

まずは、DB6
DUCATIの空冷1000c.c.を搭載した、尖がったデザインのネイキッドモデルです。

バーハンドルは、やたらと広く(モンスター以上に感じられた)、背筋は
伸びる、モタードライクなポジションです。

メーター類がかなり低く設置されているので、上半身のポジションと相まって、
前方を見ている限り、メーター類はほとんど視界に入らず、かなり
オープンな光景は、不思議な感覚でした。

またがった感じは、コンパクト。タイトなシートに収まるといった感覚です。

で、発進ですが、あろうことか、2度続けてエンストさせました。
749Rで鍛えられた右手と左手の連携に過信したのか、低回転でクラッチミートしようとして、失敗。

その上、ウィンカーレバーと、ホーンボタンが
DUCATIとは上下逆で、通常のウインカー操作の場所を手探りで
操作すると、「ププー」と、これまた2回続けてやらかしました。
素人くさくて、とても恥ずかしかったです。

ちなみに、以前、DUCATIスポーツクラシックの試乗をしたときは、違和感なく発進できたので、DB6はギア比が高めだったのかも。
いや、きっとそうに違いありません。
(あくまで自分の技量の低さは認めない俺って・・・)

運動性についは、飛ばせなかったので、正直言ってわかりません。
軽さは感じましたが、ギア比が高いせいか、エンジンが本調子でなかったのか、
低速域では、いまひとつな印象でした。


続いて、DB5Cです。

この車両は、MOTO CORSEが外装、機関ともにチューンしたスペシャルモデルです。

普段749Rに乗っている身としては、DB5Cのポジションのほうが、しっくりきて、
安心できます。(スタンダードなのか、調整してあったのか、ステップ位置が
高かったことに、若干の違和感がありましたが、トータルでは好印象)

発進も、エンストせずにスムーズにいきました。
乾式クラッチが派手に音をたてていましたが、気難しいところもなく、
クラッチレバーも軽く、いい感じ。

乗った感想は、やっぱり軽い。
ただ、思っていたほど、扱いにくいスペシャルな感覚はありませんでした。

あくまでも、手の内にある軽快感を狙ったスポーツといったところでしょうか。
(ちなみに、サーキットや、ジムカーナで走らせれば、印象は
変わるのでしょうが・・・・試乗会では無理ですね)


今回、2台を乗り比べて、圧倒的に印象が良かったのは、DB5Cです。
ポジションも自然で、バランスの取れた乗りやすさがありました。

そんはDB5Cの一番のお気に入り箇所は、なんといっても排気音。
アクセルオフしたときのドゥドゥドゥドゥといった音は、サイコ―です。


試乗を終えて、帰り、749Rに乗ると、???
こんなに重たかったっけ?
フロントフォークのあたりに、岩を挟んで走っている印象でした。
剛性感はあるのですが、その剛性感が鈍重につながっているような。

とは言え、やっぱり749Rの魅力は未だ衰えずです。