DUCATI 749R

DUCATI749Rに関するブログです。

2007年02月

DUCATI CUP 2007

http://www.ducati.com/od/ducatijapan/jp/events/detail.jhtml?eventId=14761

DUCATI CUP 2007の情報がDUCATI HPにアップされていました。
なんか楽しそうです。

私は筑波、走行したことないのですが、DUCATI CUP出てみたい。
今のタイアの寿命がきたら、BRIDGESTONEのタイヤにしてみますかね。

ちなみに、3月21日の祝日は、FUJIショート3本ありますので、出撃しようかと画策中です。

気温や天気がよければ、ご一緒しませんか。
混雑しますかね?

400,000円

DUCATIのHPを見てみたら、キャッシュバックキャンペーンしてました。


749R購入で、
キャッシュバック400,000円

他の車両は、100,000?200,000程度。
749Rだけ、異常な金額です。

オーナーだけにちょっと悲しい。

そんなに人気ないんかいっ!?

ネタなし

最近、3週連続で749Rのエンジンかけてません。
よって、ネタもないわけですが、
せっかく訪問してくださる方に忘れ去られそうで、とりあえず書いてみた、という感じです。

そういえば、またまたジャダーが酷くなり、ショップでディスクの研磨?をしてもらったところ、キレイさっぱりジャダーはなくなりました。

乗り方が悪いんでしょうかね。シフトダウン時、回転をあわせてやっている(つもりな)んですが、すぐにジャダーが再発するのは、悩みです。
社外スリッパークラッチを入れると変わったりもするそうですが、約30万円という価格には、手を出せません。

あと、悩みと言えば、冷却水漏れですね。
継ぎ足し継ぎ足し乗っていますが、いつの間にか「冷却水タンクは空に」なんてことが、購入後半年で2回ありました。けっこー垂れ流しですね。

それから、寒い時期は、やはりエンジンの調子が狂います。
チョークを引かずとも、一発で始動はするのですが、信号で止まる際にクラッチ切ると必ずエンストする状態が、20分ほど続きます。
その間水温は70℃を指し、適温であるようなのですが。

しかし、そのまま乗り続けていると、いつの間にかエンストしなくなってます。(ただし、信号待ちの途中で勝手にエンストしたり、ローギアに入れたショックでエンストなんてことは、年間通して持病のようで、直りませんが)

そういえば、冷寒時は必ず「チョーク引いて始動せよ」とマニュアルに書いてあったような?

DUCATIのチョークは、エンジン回転アップするだけなはずですので、特別関係はないと思うのですが、チョークを引かずに冷寒時にエンジン始動すると、フューエルインジェクションが何かしらの影響をうけて、エンストしやすくなるのかな?

暖気するのにチョーク引いて停めっぱなしは近所迷惑にもなりますし、あまりやりたくないのですが。恨み買って、いたずらされることもあるでしょうし。

と、いうわけで、つらつらと書いてみましたが、やはり、そろそろ1098が気になりだした今日この頃。

しかし、749オーナーにとっては、モデルチェンジでなく、別モデルの発売だと認識することもできるので、少し心穏やかではありますが。
848が出たなら、状況は変わるでしょうが。

とはいえ、個人的には、749Rに不満はなく、デザインも748系より、1098よりもカッコよいと思ってますし、買い換えるお金もなく、つまり、今のままでよいという結論です。

1098の羨ましい点と言えば、「軽量化」「モノブロックキャリパー」「データロガー」の3点です。
みなさんもきっと気になりますよね。

FISCO本コース2回目

更新が滞っていましたが、先週(1月27日)のFISCO走行の本コースのことについて書きます。

非常に好天に恵まれたのは、前回書いたとおりですが、FISCOは冬ゆえの、強風だったのが残念なところではありましたが。

右にぐるーっと回り込む中速コーナーがあるのですが、ここを走っているときに、ぴゅーっと突風が!
カウルが横風をまともに受けて、走行ラインが50cm以上は乱されました。冷や汗ものです。

また、ホームストレートからの1コーナーへの進入や、シケイン手前の進入では、かなりスピードが乗った上でのブレーキングとなるので、ついリアブレーキを強めにかけてしまい、シフトダウンした瞬間ロックさせたりホッピングしたり、これまた冷や汗ものです。
全くもってスリッパークラッチの恩恵に預かれてないです。

それと、他の速そうなライダーのライン取りを盗もうと観察していたのですが、シケインからホームストレートへ抜ける最終コーナーへの複合コーナーは人それぞれまちまちのラインで、どれが正解かさっぱりわかりません。

直線的に進入して、ブレーキングしながらバンクさせるのか、アールを緩く取り、だらーっと回っていくのか。

サーキット走行は、下手なうちは、一人で行ってもちっとも上手くならないかも知れませんね。


余談ですが、サーキット走行前に、749Rのプラグとオイルと交換し、ついでにチェーンオイル散布して走ったら、ホームストレートでメーター読みですが、262kmを記録しました。(フロントスプロケ14丁ですので、15丁ならもう少し出るかも?)前回走行時は、250km台だったので、効果あったってことでしょうか。

余談その2。
ホームストレート走行中、初めてシフトインジケータランプ(回転数が11,000?になったら光るランプ)が役立つことに気がつきました。
視界の端に「チカッ」と光を確認して、シフトアップしていくと、レブカウンター見てシフトアップするよりスムーズにいきます。
ワインディング走っていたときは、もっと手前の回転数で光らないとシフトアップが間に合わないって思っていましたが。
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ