DUCATI 749R

DUCATI749Rに関するブログです。

2007年01月

FISCO走行

d591a574.jpg

3be7c62c.jpg

前回のライセンス取得時に走ったとき、次は暖かくなってからって思ってたのですが、抑えられない衝動にかられて、またまた行ってきました、FISCO!

ちなみに今回も自走です。
しかも今回は単独行動。
(転倒時のことなど考えると良いことではありませんが)

前日の雨で、ウェットコンディションかも?という心配はあったものの、ショートコースのバイクの走行枠の前に、2枠、4輪が走行していたので、完全なドライコンディション。

そんでもって、気温も冬にしては暖かく、行って正解でした。


しかしながら、自分の腕は相変わらずで、1本目はなかなかペースアップできませんでした。
おまけに3コーナーの登りで、リアタイアがスリップ、ちょーびびった。しかも2周連続。

原因を自己分析するに、4コーナーに向けてインベタで走っていた上に、1速でのアクセルワークがラフだったことが原因。
それ以降、ライン取りをちょっとふくらむように修正したらすべりませんでした。
(リアタイアに荷重がかけられていないのが本当の原因なのでしょう・・・)

続いて、2枠目に突入。
1枠目よりも少し乗れてきた感じ。タイヤも完全に冷え切る前に2枠目に入れたので、冬の走行にしてはグリップもマシだったはずです。

しかし最後まで、1コーナーは1速なのか2速なのか正解が出せませんでした。
フロントスプロケを14丁にしてるのですが、1コーナーは2速だと
ハイギアードなような気がしますが、1速だとアクセルワークがシビアで難しい。

1速で入ったり2速で入ったりしてみましたが、
2速で入った場合、2コーナー手前でやっぱり1速に落とさなければ3コーナーの登りがつらく、また、ホームストレートで1速にシフトダウンするのは私のテクニックでは、スリッパ―機構がついた749Rといえど、若干恐怖を覚えます。
(恥ずかしながら、実際、リヤをホッピングさせたりロックさせたりしました)

結果として、749Rの戦闘力を引き出せない自分が歯がゆい。
他の走行車両の方々にも遅くて迷惑かけてます。反省。

さらに、
この日は、本コースの走行枠もあり、せっかくだからということで、
本コースも走行したのですが、その話は次の機会に。

へたれながら、しかし、ひじょーにたのしー!!!
DUCATI 749R最高です。

FISCOライセンス取得&本コース走行

1月13日(土)に、FISCOへサーキットライセンス取得に行ってきました。

途中、高速の足柄SA付近で、749Rの外気温表示は「?2℃」。
先行き不安になりましたが、現地は、快晴(といっても寒いですが)で、気持ちよい天候のなか、ライセンス取得ができました。

いつもお世話になっている、DUCATIショップの方たちと5?6人で取得し、午後の本コースの走行枠を1本、走ってきました。
お世話になった皆様、この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

ライセンス取得後の体験走行では、ペースが遅い分、楽しく走行できたのですが、「走行枠」での走行は、私には恐ろしいものでした。

一緒に走行していた方が、1コーナーで転倒され、さらにその先でも転倒された方がおり、しょっぱなから、ビビリモード全開です。

おまけにバックミラー取り外してるから、抜かされるのも恐怖です。コーナーで絡まないように祈るばかり。

95e4d1a2.jpg

コースの特徴としてストレートが長いので、749Rでは、メーター読みで250km出ます。ストレートの後半では、頭打ちになりますので、リッターマシンなら、300km出るのではないでしょうか。

そのストレートから、1コーナーへのアプローチは、フルブレーキングで、忙しくシフトダウンするのですが、どこからブレーキかけていいのやら、わかりませんでした。

中間セクションも、かなりハイスピードで、しかもコース幅が広いので、ラインがさっぱりわかりませんし、ライン取りでかなりコーナースピードは変わるようです。

一番難しく感じられたのは、最終右コーナーへつながる手前の左コーナーです。上りながら奥でさらに回り込んでいるので、恥ずかしながらランオフしてしまいました。幸い他の走行車と絡まなかったのですが、危険で迷惑な話。反省してます。

ともかく、気温、路面温度が低く、タイヤもあったまらず、転倒車続出で(1周目の2台に加えさらにDUCATI2台が転倒)、30分の走行枠は、楽しいというよりは、怖さに支配された30分で、たかが30分が非常に長く感じられました。

本コースのデビューには、己のスキルがかなり足りなかったようです。コースが空いている冬の間にステップアップをと考えていたのですが、甘かったです。

ショートコースのみのライセンスでもよかったかも?

出直しを誓った苦い経験となりました。

走り初め

1月7日は、天気が良く、時間も空いていたので、2週間ぶりに749Rのエンジン始動し、ぶらぶらと走りました。

エンジンは一発始動。

しかし、冷却水のタンクが空っぽでした。
749の冷却水漏れはよく聞きますが、気づかないうちに漏れているものですね。
ちなみに、前回補充したのは、10月末でしたから、わずか2ヶ月の間に約300ml減っていた計算になります。

初乗りは、お世話になっているDUCATIショップへ顔を出した後、強風のため、程なく帰宅しました。

来週は、いよいよFISCOライセンスゲット予定

FISCOコースレイアウト2

プレステ2の「GT4」をやり込んでいくうちに、FISCOの本コースが走行できるようになった。
シケインを通らないコース設定だけれど、自分で走るときのことを考えると、十分参考になるものだった。

しかし、1コーナーといい、最終コーナーといい、ラインとりが難しいコーナーが多い。

やはり、ゲーム(しかもクルマの)でコースのライン取りを攻略しようってのは無理ですかね。
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ