DUCATI 749R

DUCATI749Rに関するブログです。

コソ練2連チャン

10月3日はショートで午後に3枠、10月4日はレーシングで午前に2枠設定されていましたので、行ってきました2連チャン。

10月3日(土)は午前中地元の天候が安定せず、しかし午後は回復模様との天気予報を信じ、午後の14時30分枠と15時30分枠狙いで出発です。
でも途中降られました。まあ、ツナギが湿った程度ですけど。

現地には13時30分に到着。ちょうど午後の2輪の1枠目がスタートしたところでした。7?8台の走行で、先週とは打って変わって空いてます。
久しぶりにYさんにお会いし、これまたY(よく見かける方です)さんのご好意に甘えて、ピットを間借りしました。

準備中に雨が降り、いやな予感がして、2枠目のチケットはぎりぎりまで買わなかったのが正解。小雨となりウェットになってしまいました。

なんとか3枠目は走行できましたが、時折シールドに雨粒が付き、完全ドライではないような不安感から、いまいち乗りきれません。

唯一の成果は、P-LAPが確実に拾うようになったこと。
Hさんのアドバイスで、ちょっと下に位置させたら、全周拾うようになりました。
クランク状の金具、ホームセンターUnidyで210円でした。
87750605.jpg


さて、2日目。
前日満足いく走行ができたら行かないつもりでしたが、行かずにいられませんでした。

現地では、FISCOでは久しぶりのGunsukeさんとお会いしました。
732fcc52.jpg


あと、1098SのMさん(Gunsukeさん同様ライセンス同期です)にもお会いし、昼食に手打ちそばにお誘いいただきましたが、夕方用事ができて先に失礼しました。


今日のレーシングは、ほどよい気候も手伝って台数多め。
セッティングは標準。
がんばる目標は8秒でしたが・・・

1枠目
Gusukeさん、皮むきが終わっていないタイヤなのにガンガンいきます。
1周目から置いていかれました・・・・。

もう、書き飽きましたが左バンクがやっぱり駄目で、左コーナーと右コーナーのフォームに自分でもわかるほどの違いがありそうです。

結果10秒しか出ませんでした。
対するGunsukeさんは7秒台!速くなってます。筑波トレーニングの効果発揮ですね。(詳しくはご本人のBlogに譲ります。※この記事書いているときはまだアップされてませんでしたが、じきにアップすると思います。)

結局不完全燃焼故に2枠目も走行するも、タイムは伸びず。
でも、だんだんと走り方思い出してきました。

タイムは伸びずとも走り方には納得感も出始めたその矢先、ホームストレートエンドでちょっとブレーキングを遅らせたらリアタイヤロック。
通常、スリッパー効かせた時もホッピングしたりして、リアロックなんて慣れっこではあったのですが、リアがスライド(なぜに?)。あわやハイサイドの大惨事になるところでしたが、ブレーキングでの二―グリップ強化に取り組んでいる最中だったことが幸いしてか、車体は垂直に戻り、体が上方向に投げ出されることもなく、冷静さを保ってストレートエンドのランオフエリアへエスケープ。(黄旗出してすみません)

あとは、無理せず時間まで走りきって終了。


このままではタイヤ替えてもベスト更新出来そうもありません。
どーすっかなー。
今のタイヤのままあと1回、12日のショートに出撃すっかなー。

フジショート090927

cc7ad797.jpg


FISCOのショートコースへ行ってきました。

今日はご自身のブログで出走予告をしていたnovさんと、茶太郎さんと、749Sからハイパーモタードに乗り換えたMさんとご一緒しました。
他にもHさんをはじめ、749Rが3台ほど。SSやST2なんかも出走していてDUCATI比率高かったです。

天気は若干曇りぎみではありましたが、ちょうど良い気候でショートコースに集まってきたバイクの台数も多く、1枠目、2枠目ともに30台完売でした。

よって走行のほうは大混雑でしたが、リハビリの身にはむしろ都合良く、ペースの遅い車両をパッシングしようとあれこれトライしてるうちになんだか調子が上向いてきたみたい。
結果、タイヤもまだまだイケるような気がしてきました。

次は3日のショートか4日のレーシング?
このままいけば25日の筑波はベストの状態で迎えられそうです。

D-CUP2009年9月20日

9c4b1464.jpg



9月20日、DUCATI CUPに行ってきました。Middleクラスへ参戦のmasa★さんのピットクルーとして。

事前の予想に反して、快晴でした。空気は乾いており日陰は涼しさも感じられましたが、太陽が痛い、そんな天候でした。
見てる分にはいいけど、ライダーには結構な負担だったことでしょう。

さて、今回はmasa★さんのほかに、Mustersクラスへ参戦の茶太郎さんと、Middleの常連?Tさんが参戦。
サポーターとして、bonobonoさん、Gunsukeさん、茶太郎さんの奥さんとmasa★さんの主治医?さんが駆けつけての1日となりました。

やっぱり、ライダーとして参戦したかったというのが本音。
予選観戦からテンションアップです。

予選結果は、
masa★さん前々日の転倒がたたって調子でず。
茶太郎さんは、今回からMusters参戦だというのに堂々とした走りで中間に位置付け。
Tさんは、再度の入賞(優勝)を狙える位置に。

そして決勝は・・・・
Middleは、Tさんが(賞典内外含め)3位争いのデッドヒートを展開し、結果3位(1分8秒をコンマ00数秒破っての賞典外)。
一方masa★さんは最後まで復調せず、完走すれど納得いかず。
で、茶太郎さんはというと、終始安定した走りを見せて予選とほぼ同じ順位でフィニッシュ。タイムは1分3秒前半に突入してました。
(ご本人は今一歩納得いってなかったみたいですが、)まだまだ進化してます。恐るべし。

改めて来年こそはD-CUPへ出るぞと心に固く誓った一日となりました。
ちなみに出走しなかった私は走りたい欲求にかられ、翌日箱根へ向けてAM4時に家を出るも5時半小田原にて雨に降られそのままUターンで家路に。
(実を言うと先週も早朝、厚木で雨に降られUターンしてます。公道は走るべからずという神の啓示ですかね)

最後に皆さんお疲れ様でした。
また、来年行きましょ!

コソ練20090914

fc96e883.jpg


遅れてやってきた夏休み、再度コソ練に行ってまいりましたFSW。

途中海老名SAでは、大学生のサークルメンバーらしきグループが多数いて、ちょっとうらやましく思ったり。夏休みが長いっていいなー。

本日は午後からレーシング3本とショート3本。
走行の組み合わせに悩みましたが、現地に着いてショートをのぞいてみたところ知っている顔は見当たらず、レーシングコースにてベースキャンプを張ることに。

一人さみしく準備をしていると、となりの2人組の方が声をかけてくださり、合流。
聞けば一人は996に乗っておられ、今日は(中古で最近手に入れた)FZR(だと思う)のレース車両を二人で走行されてました。

本日は、ざっと10台の走行ってところでしょうか。
平日は空いてます、やっぱり。

で、走行結果から書きますと、2分12秒フラットで終了。
2本レーシングを走行して、ショート走らずでした。

本当は、9秒台狙いでしたが2秒強届かず。
乗れてる感じはしてきました。楽しく走れました。タイヤも結構グリップしてました。久しぶりドロドロに溶けてたし。しかし自己ベストには程遠く、課題山積はあいかわらずです。

今更ながらわかったことですが、速く走るためには速く走らなければならないってことです。速く走ることでブレーキングでサスを沈めながら旋回できるわけで、だらだら走ってるとコーナーでグリップ感を感じれず、安定せずに逆に怖いってことです。
でも300R全開はバンクしているだけにやっぱり怖い。ちょっとアウト側を意識するとアウトに吸い寄せられるようで。調子こいてるとその先のシケインでリアホッピングするし。

サスセッティングは、1本目、ALL1クリック弱で走行し、アンダーがでていたのですが、2本目もセッティング直すの忘れて走行を始めてしまい、そのまま走っちゃいました。


次は、ショートで左旋回の矯正を27日の日曜に、でしょうか。

コソ練

前回、novさんと富士ショートでコソ練したブログはすっとばし、9月11日(金)遅れてやってきた夏休みにコソ練してきましたat富士ショート。

a2a90f98.jpg


現地では、常連Hさんと、最近お見かけするようになった黄色の1098のJさん、749RのIさんとごあいさつ。

不調をタイヤのせいにして、早半年が過ぎ、未だ002Streetを履いてますが、ZX6のHさんのタイヤみて、考え改めました。タイヤのせいにしていたのは、己の未熟さを認めたくなかったから。Hさんのタイヤ、いやはや恐ろしいぐらい摩耗してます。にもかかわらず、34秒台出してました。恐るべし。

と、いうことで、ちょっとばかりイってみようと走ってみました。
タイムはPラップが拾わずわかりませんでしたが、決して以前のようには走れないけれど、徐々に復調の兆し?全く乗れてない最悪の時期は脱したようです。
タイヤも安心感はないけれど、まだまだいける感じ。このタイヤをあと2回ほど使用して、完全復調→ディアブロスーパーコルサで、ベスト更新というのが目論見です。

そして、10月25日のナップス筑波走行会も申込み、(ほぼ)ニュータイヤでの筑波リベンジの準備も着々と進行中。
明日も夏休み、きっとFSWへ行ってコソ練します。

ところで、749RのIさん、FSWのショートは通い始めですが、すでに35秒台を叩き出してます。しかも、失礼ながら、レコードラインを走っているとは見えません。まだまだ速くなる余地ありって感じ。近い将来、茶太郎さんとものすごいラップでランデブーしてそうです。

それと、11月11日(水)に富士ショートで2輪のタイムアタックが開催されます。FSW公認タイムとして、名を刻むチャンス(私がではありませんよ。)
皆様奮って参加してください。イベント名称も(非公式ながら)募集中だそうな。

最後にサスセッティングの話。
今回、1本目のサスセッティングは標準。
2本目は、1本目でちょっと渋い感じがしたのでF、Rのリバウンド、コンプすべて1クリック弱めてみました。
結果、寝かせられるようになったけど、1コーナー、右5コーナーや最終コーナーでアンダー出ました。(そんな気がする)
セッティングって、本当はプリから入らなければならないようですが、まー、やらないよりましってことで、いろいろ試していくつもりです。求むアドバイス。

D-CUP断念

タイトル通り、今年の9月20日開催のD-CUPは、断念しました。

資金難と走行不足もあって、断念しようと考えていたのは事実ですが、やっぱり参戦しようと思い立ったのが8月9日。
申し込み用紙をダウンロードして記入している途中に、MFJライセンスを持っていない(申し込んでいない)ことを思いだし、MFJライセンスも申込用紙をダウンロードして、重要なことに気付きました。

MFJライセンスは、D-CUP当日までにあればいいと思っていたのですが、D-CUP申込用紙にライセンスナンバーの記入欄があります。

つまり、D-CUP申込時に既にMFJライセンスが手元になければいけないわけで、D-CUP申込は8月20締切。MFJライセンスは、申し込みから3週間程度で手元に来るとのことなので、MFJライセンスが届くまで待っていたらD-CUP申込期日を過ぎてしまいます。

というわけで、断念しました、参戦。

どのみち、今の調子では、タイヤをディアブロスーパーコルサに交換しても1分8秒で走るのは無理でしょうから、優勝の可能性がないなら、出なくてもいいかと自分を納得させてます。
でも、発電機やタイヤウォーマーまで買って、着々と準備していたのにね。

来年こそは、参戦しますよ。と思ったら、11月8日にMAX10があった・・・。


話変わって、最近コメント欄が表示されず、コメントできない事象が発生していたのですが、なんと、自分で設定してました。記事更新から3日以降はコメントできないようになってました。
Gunsukeさんをはじめ、コメントを入れていただこうと思ってできなかった方、すみません。どうか、今後もコメント入れてやってください。

ただ、現在も2週間以前の記事にはコメント・トラバができないようになっています。(迷惑対策です。)

よろしくお願いします。

DUCATI Circuit Trial 09

8月2日はDUCATI Circuit Trial 09なるイベントに行ってきました。
場所は筑波サーキット2000。
25,000円で20分4本の走行です。

ゲストインストラクターには、
バイク雑誌でおなじみの柏さんや、
1098Rで日本選手権に参戦されている須貝選手、
そして特別ゲストとして1098Rで世界選手権に参戦されている芳賀選手なども
来ていました。

4ea14b31.jpg


下は、初めて食べたDUCATIのケータリングサービスです。
1,155円也
全体が赤くなっているのはテントの色のせいです。
(あまりおいしそうに見えませんが)

506479aa.jpg



天候は怪しく、ぽつぽつが2本目には路面ウェットになる程度まで降ってしまい、2本目は途中で走行をやめました。
午後の3本目、4本目は天候もなんとか回復、ほぼドライでしたけど。

で、走行のほうはというと、散々でした。
ラップタイムを見て愕然。
1分16秒がせいぜいでした。前回は、初めて走るコースで5秒も速かったなんて、そんなに去年の自分と実力差があるものかと、そんな自分にがっかりです。
タイヤウォーマーまで持参で臨んだ気合が空回り。3歩進んで2歩下がるを地で行っています。

と言うわけで、DUCATIカップミドルクラス出場どころでなく、エントリーでも勝負にならないほどですので、9月20日の参加申込はグレーになってきました。
本当のところは、費用の捻出が難しいというところではありますが。
まだ、非参戦は本決まりではないので、つっこみはなしでお願いします。

改めて、富士ショートで修業に励みますかね。


ちなみに、イベント最後のクイズ大会&じゃんけん大会で景品をGET。
協賛企業のアルファロメオジャパンから、福袋のようなものを頂きました。
中身はというと、ミニバック、ナイロンベスト、ペーパーウィエイト(レーザー彫刻されてます)、そして扇子(結構いいセンス)です。いずれもディーラーでフェアの際に配られる来場者記念品だと思われる品でした。


最後に、サーキットでお会いした皆様、お疲れ様でした。
ディーラーのメカニックIさんや東名横浜のOさんにもお世話になり、この場を借りて御礼申し上げます。

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ