DUCATI 749R

DUCATI749Rに関するブログです。

ご無沙汰です

皆様、ご無沙汰しております。
約3ヶ月更新が途絶えておりました。
その間、749Rに乗ったのは・・・・1回もありません。
伊豆スカの亀石峠には5回以上通いましたが、ライダーとしてでなくドライバーとしてだし。

そんなこんなでバッテリーはあがっているかも

ナンバーを切ったので
「乗る=サーキット」
にならざるを得ず、トランポを持たない身としてはおいそれと行けなくなるわけで。

でも決してバイクへの熱が下がってしまったわけではありません。

で、10月24日(日)久しぶりのショートに出撃しようかと考えています。
晴れますように。

2010年7月25富士ショート(今年2回目)

久しぶり(約3カ月ぶり)今年2回目の富士ショートです。

FSAのメンバーは見当たらず、絶好の天候だったにもかかわらず、8時30分に現地に着いた時にはピットも空きがあるほど空いていました。
さすがに暑すぎるか。

本日、2本走るも、暑すぎでまともに3周集中して走れません。久しぶりってのも手伝って、全く楽しい感じがしませんでした。
それでもタイムは前回同様、乗れてない感の割にはそこそこの数字で、タイヤの恩恵にあずかっているってことがまざまざと実感出来たってとこです。

他に特筆すべき点もないので珍事を。

10時00分~の4輪の走行枠、なんと「0台」でした。
さすがに土日の4輪枠が0台って・・・
1枠目は10台ほどが走行してましたが、2枠目はクーリングが間に合わなかったのか、ドライバーがばててしまったのか、理由はともかくとっても不思議な光景でした。

それと、車検がこの7月末に切れるんですが、何も対策してません。つまり、いよいよレーサー化ってことです。
本音のところは、引っ越したのでナンバー変更が必要だけど面倒だなって思っているうちに、期日が来てしまい、車検期間内に手続きできなくなったてことだけですけど。
トランポも持ってないのにサーキットオンリーにするのもどうかと思いましたが、サーキットへの自走や整備に出すとき以外乗ることないし、サーキットへの自走は何かあったときに厄介ですので、まあ、いいか。

ってことで、9月のDUCATIカップ、また、準備不足でパスって感じです。
ああ、いつになったら出場できるんだろう。

2010年5月5日 富士ショート(今シーズン1回目)

その日は5月5日、GW最終日。
私やっと冬眠から目覚めました。
2度寝しないようにしないと。

ここ最近、引っ越し関連作業に忙しくなかなかサーキットへ行けず、6ヶ月ぶりのサーキット走行となりました。

もともと、5月8日にシーズンインのつもりでしたが、GW最終日である5日の東名渋滞予測は上り(大井松田⇒東京)は12時頃の渋滞開始だったので、11時30分前に撤収できればなんとかなるかと急遽日程変更です。

FISCOのショートに着いてびっくり、ガラガラでした。日程変更正解!
GW最終日であったことや、立て続けに走行枠があったことも影響していたでしょうか、すばらしい天候にもかかわらず、空いててよかったー。
現地では茶太郎夫妻、Aさん、Tさんと合流。


で、1本目(9:30~)
緊張しますが、気温高め、おまけにサスオーバーホール済み、タイヤほぼニューなディアブロスーパーコルサSC2、ブレーキパッド新品、と車両に死角なしだったのと、出走10台ぐらいだったのもよかったのでしょうか、なぜか1周目から飛ばしてしまいました。

サスセッティングは標準仕様です。
空気圧はGunsukeさんに倣って、冷感時前後1.9
(厳密に言うと私は自走してきたので、ちょっと温まっていたはずですが)

走りだしてみると意外とイケるもので、むしろブランクが変な転倒のトラウマから解放してくれたようで(実際は車両とタイヤのせいもありますが)、思ったよりは乗れました。

ブレーキングとコーナリングのつなぎがちぐはぐではありましたが、ほぼ狙ったラインに乗せることもできたので、やはりサスセッティングは私の場合標準が合っているのかなー。

こうなるとタイムが気になるところでしたが、P-LAPを筑波で区間タイム仕様に変更していたことを忘れていて、タイムを上手く拾いませんでした。


次、2本目(10:30~)
上半身に力が入りガチガチのうえ、体力も落ちているので、3周と全力走行が持ちません。ブレーキングで腕突っ張って、しかし腕が疲労して耐えきれず、体がハンドルを超えてジャックナイフしそうなぐらい。自分を俯瞰せずともかなりフォームがカッコ悪かったことは分かります。わかっていても直せなかったですが。

それでもタイム(Aさんがストップウォッチで計ってくれました)は、36秒フラット近くが出たそうで、本日の目標値を2秒も上回っていたことにうれしびっくり。(ニュータイヤ、ニューサス、ニューパッドを私の中で3種の神器と呼ぶことにします。加えてプラグもニューでしたが)


2本目が終わったところ(11時)で、すぐに撤収作業開始。
11時20分前にはFISCOを後にし、東名の上りはところどころ混雑していたものの無事、GWの帰省ラッシュに巻き込まれず帰宅できました。

蛇足ですが走行から2日経った今現在、体中が筋肉痛でロボット状態です。
5月8日の出走は微妙、次回は5月23日(日)かな?

最後にショートでお会いした皆様、お疲れ様でした。
また、よろしくお願いします。



'10の始動前に

祝100記事目! 

とってもご無沙汰してました。
749Rを降りたとか、ブログやめたとか、死んじゃったとか思われていた方もいらっしゃったかもしれませんが、今年もどうぞよろしくお願いします。

近況はというと、DUCATI 749Rを整備に出してました。

内容は・・・・・

Fブレーキパッド交換
プラグ交換
F&Rサス、オーバーホール
エンジン調整

しめて12万円也

念願のサスオーバーホールを実施しました。
ストロークセンサーが付いてきた。

ブレーキパッドは、フィーリングが悪くなったので交換しましたが、まだまだ残がありました。

プラグは、前回交換から6,000km程度の走行。
交換後は、アイドル時のエンストが減りました。

現在、走行距離19,600kmぐらい。
本当は同時に、エンジン開けて、バルブのメッキ剥がれの確認や、タイミングベルト交換なんかもしたかったんだけど、予算がなく、なくなく断念。
エンジンは好調を維持しているし、音とかも出てないし、もうチョイ行けると思う。そう思いたい。

で、今シーズンの入りは、目標5月GW明けかな。
4月には、シェイクダウンしたいけど、いろいろと忙しくビミョーです。

昨シーズンお世話になった方々、並びにブログに訪問してくださった方々、今年もよろしくお願いいたします。

最後に今年の目標を(今ごろ!?)

・DUCATI CUP参戦(9月のになりそうだけど、晴男の茶太郎さんがTT出るなら、梅雨時期でも晴れるだろうから、6月に間に合えばそれもアリかな)

・FSWのショート、レーシング、筑波2000のベストタイム更新

レン耐2009最終戦091115

レン耐2009最終戦 at サーキット秋ヶ瀬にチームFSAで参戦してきました。
朝、昼の部に分かれて実施された、午前の部に出走となりました。

今回のメンバーは、毎度FUJIショートでおなじみ?のmasa★さん、bonobonoさん、茶太郎さんと私。4名1チーム体制です。

朝のうちは寒かったのですが、フタを開けてみれば、日焼けが心配な秋晴れで、20分も走れば汗びっしょりってな感じで、気持ちよく走行できました。

で、レースはというと、

第一走者はわれらがエースライダーの茶太郎さん。
日章旗が振られ、ルマン式でスタート。
我々のゼッケンナンバーは「12」
走行20台に対して中央よりちょい後方でスタートのはずが・・・・エンストで出遅れ。

しかし、ここからが茶太郎さんの本領発揮!

あれよあれよという間に追い上げ、なんと、なんと、4位までジャンプアップ。
第2ライダーの私にプレッシャーをかけてくれたのですが・・・・交代周に転倒。
転倒ピットインと同時に私が第2走者としてコースインです。

サーキット秋ヶ瀬は、2つのヘアピンと最終コーナーもRがきつく、ストップ&ゴー的なレイアウトです。
ステップを擦らずにどれだけアクセルを開けていられるかが、タイムを伸ばすコツのようです(たぶん)。
その証拠に今回のレースではステップを擦っての転倒と思しき転倒車両がかなり出ていました。

無事に25分を走り、次のmasa★さんへバトンタッチ。
そして第4走者のbonobonoさんへ引き継ぎ、2順目となりました。

2順目はパッシングのコツをつかんだようで、結構な台数を抜かしたような(でも抜かれた数もそこそこありましたが・・・)。本日の私のベストラップは、42秒中盤だったようです。ちなみに全体のファステストよりは1秒以上開きがあったようです。

我がチームFSAは、その後も順調に周回を重ね、残り15分ぐらいの時点の場内アナウンスで6位走行中であることを知って、俄然盛り上がりました。

最終走者bonobonoさんがチェッカーを6位で受けて念願の入賞です。

a4382119.jpg


↑ コレ、6位の盾です。(1位から6位まで「順位の場所」以外は同じもの)

やっぱり、楽しめたレン耐でした。
最後に、チームの皆様、茶太郎さんの奥様、そして観戦に駆けつけてくださった、novさん、奥様、お疲れ様でした。また、幹事をしてくださった、bonobonoさん、送り迎えしてくださった、masa★さんありがとうございました。

来シーズンは、さらなるステップアップをしたいですね。

リベンジのはずが・・・

11月17日(火)にNap'sのGSMという走行会が筑波であることを店頭で発見。
先日の筑波走行がふがいないものにおわったため、リベンジのチャンスと思い、平日開催にもかかわらず勢いで申し込み(支払い)ましたが・・・・・

今日、絶対はずせない仕事がその日に入ってしまいました。

早まった・・・・

そこで、読者の皆様にご案内です。

2009年11月17日(火)筑波サーキット2000にて、
Nap's主催のサーキット走行会(20分×3本)11:00?14:00走行予定
店頭(通常)申込価格16,000円のところ
な、なんと
10,000円で権利をお譲りします。
(権利の譲渡は、主催者側も認めています。)

ご興味ある方はコメントなり、直接連絡ください。
詳細ご案内させていただきます。
(なんなら、タイヤウォーマーもお貸ししますよ)


続きを読む

Nap's走行会(筑波)091025

筑波3回目
Nap'sの走行会です。

83338211.jpg


前日の予報では天気が絶望的でしたが、気温は低いものの雨には降られず、ニュータイヤを入れた749Rをトランポ借りて夜中に積み込み、翌朝4時の出発、現地に6時着。タイヤウォーマー持参で気合だけは入ってるつもりでしたが・・・・

15分×4本のうちの1本目は1周目にオイルを垂らして走行した車両があり、そのままコース整備でタイムアウト。
せっかくディアブロスーパーコルサSC2を入れたっていうのに、皮むきすらできませんでした。

2本目、皮むきしつつ、徐々にペースアップ。グリップはしている感覚が強いけど、アンダーが出ている感じでタイム伸びず。
そういえば、サスセッティングを標準に戻すの忘れてた。

3本目、さすがに自己ベストは更新しようとサスセッティングを標準値に戻してアタックするも、やっぱり13秒フラットどまり。
あれれ?ディアブロスーパーコルサで自己ベスト更新できなかったら、それこそ言い訳ができません。

4本目、やっと乗れてきた感覚がでたのですが、ぺースが遅い車両につかまってしまい、パスするのに躊躇して3?4周つきあっていたら走行時間が終わっちゃっいました。

結果は、目標にしていた10秒切りはおろか、自己ベストの2秒弱おちって・・・
ディアブロスーパーコルサに申し訳ない気持ちでいっぱい?です。

ちなみに同じピットになったMV AGUSTAのF312の方、5秒フラットぐらいで走行、1番時計叩き出してました。


以下反省です。
虎の巻のライン取りに気を取られ過ぎて、逆に上手くいかなかったようです。
(虎の巻にもありましたが、10秒ぐらいで走行する人はこの走行ラインをまねるのはまだ早すぎますよといった意味が今更ながら理解できました。)

最後に、ショートでお会いするAさん、YGさんお疲れ様でした。


livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ